スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   フレンチブルドッグひろば

入院。

2009-03-14-Sat-18:37
昨晩、嘔吐があり、今朝は落ち着いていたのですが、色々気になることもあり、
アポロさんとマルクさんのママさんから教えてもらった病院に行ってきました。

嘔吐と目の上の脱毛と時々変な歩き方をする症状について。

まず、目の上の脱毛は、

ニキビダニとのこと。ニキビダニは犬の毛穴に巣食い、厄介な皮膚病を引き起こすとのこと。、成犬、特に老齢期の犬が発症した場合は問題ですが、子犬の場合、感染して発症しても、範囲が限られ、症状が軽くて、ほとんどは完治するとのこと。

次に変な歩き方をする症状ついて。

レントゲンを撮りました。
前も別の病院で言われたのですが、先天的に膝が外れやすい骨格らしいです。また、背骨、股関節の一部に変形があるようで、このような異常はフレンチやブルドッグは多く、やむをえないとのことでした。
でも、足の付け根の骨に少しヒビがあるらしく、若いうちは問題ないが、不安であればレーザーで治療することもできるとのことでした。



特に問題なのは、嘔吐でした。


異物を飲んでいるようです。

レントゲンでしっかり胃に人工物らしき陰影が写ってました。

長方形で、長手寸法がたぶん1cmはあったと思います。

異物を排出する薬を飲んで明日の朝、レントゲンを見て移動が確認してなかったら、
内視鏡での摘出になり、胃を空っぽにするのに食べ物も水も摂取させることができないため


入院することに。。。。









DSC00374.jpg






絹のいない家は、何だか他人の家のような。。。
スポンサーサイト
   フレンチブルドッグひろば
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。