スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   フレンチブルドッグひろば

鼻水だいぶ良くなりました。

2009-06-05-Fri-20:30
鼻水が良くならず、先日も病院にいきました。

始めに処方された薬はウイルスに効能のある薬だったのですが、
どうも効果がなく、細菌のための抗生物質に変えてみたら
だいぶ良くなりました。


さて、

ウィルスと細菌の違いとは。


細菌・・・細胞を持ち、自己複製能力を持った微生物です。細菌は、栄養・水分・温度があればいくらでも自己増殖できます。どんどん増えます。細菌は 自分で増殖する能力を持つということです。

ウイルス・・・ 自分自身で増殖する能力はありません。生きている細胞の中でしか増殖できないと言うことです。つまり他の生物を宿主(しゅくしゅ)にしてしか増殖できません。ウイルスの大きさは10万分の2mm~1万分の2mmくらいです。細菌はその10~100倍程度です。

ウイルスは、宿主が死ぬと増殖できません。

抗生物質は、細胞の構造を利用して作用しますので、細胞がないウイルスにはききません。

特定のウイルスの増殖をおさえる薬は存在しますが、ウイルスを消滅(殺す)させる薬はありません。

このようなことからウイルスを倒すのは、個体のもつ自己免疫力しかない訳です。



では、どうして医者は最初から細菌のための抗生物質を処方しなかったのか、というと

抗生物質というのは、さまざまな細菌に対し、かなり種類があり、効果のある薬を一つに絞込むのが、容易ではなく、下手に抗生物質を投与した結果、耐性が備わってしまい、今度その細菌に感染したときに治療が非常に厄介になりやすいためとのことです。

それでそれほど慎重にならずに処方できるウィルス用の薬(正確には自己免疫力を高める薬)が、まず勧められたというわけです。





要するに、犬風邪ではなく、細菌感染だったので、抗生物質じゃないとダメだったというわけです。


長々すいません。




おかげさまで、
今朝も元気に遊べました。



IMG_1617.jpg
こんな風にソラさんと仲良く追いかけっこしました。



IMG_1631.jpg
ハンドさんも一緒です。
珍しくソラさんにくっついてますね。





IMG_1636.jpg

IMG_1628.jpg
それにしても、絹は、ソラさんが好きだね。



明日はたぶん雨なので、散歩いけないかな。


↓長い記事を読んでもらってありがとうございます。ついでにポチっとお願いします!!
スポンサーサイト
   フレンチブルドッグひろば
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。